ピアノ講師の求人を探す方法をご紹介します

私立の有名な音大を出た後、または国立の一部の最難関の音大を出た後ですら、音大関係に関しては、「学校の先生」という道以外に、仕事は滅多にないと昔から言われています。そのため、一般企業などに就職するしかない、として音大を卒業した後に、一般企業に就職される人は決して少なくありません。また逆に、一般企業に正社員として入れる人はごく稀であり、多くが派遣でのお仕事、またはアルバイトとして生計を立てている、という現状になっています。そのため、多くの音大卒業生の方の場合には、音楽講師を希望されていますが、こちらも昨今の少子化により、なかなか仕事が得られない、探せない、ということが現状にあります。また、音大卒業生でなくても、このような教室でのピアノ講師というものは出来るため、多くの人が応募していることも関係しています。

ピアノ講師の求人はどこにあるのか?

ピアノ講師の求人に関してですが、まず、音大であり、国立大学の最難関であり私立を加えても最難関とされる「東京芸術大学」などの場合には、ピアノ講師の求人に関しては、大学の方に「ピアノ講師をしてほしい」と求人依頼が来ることも稀ではありません。これは、トップクラスの国立大学の芸術系の大学であり、選ばれた生徒さんしか入学も卒業も出来ないという日本最難関の大学であるためです。そのため、海外などからも、留学を兼ねて求人がくるケースもある、と言われています。こちら以外の大学などの場合には、東京都などの場合にはハローワークに求人が掲載されていることもありますし、先輩からのコネで求人をもらう生徒さんもおられます。いずれにしろ、まずはハローワークには、求人掲載があるため、そちらに応募をされる人が多いです。

ハローワーク以外でのピアノ講師の求人は?

ハローワーク以外でのピアノ講師の求人に関しては、これ以外であれば、実力主義となりますが、ピアノ講師募集、と書かれている楽器店さんなどに直接交渉を持ちかけて、そこからピアノ講師になれた、という人もおられます。これはどちらかというと、都会などの方があり得る話であり、それ以外の場合には、なかなか自分から、ということはない、とされています。募集をしているチラシなどが、楽器店さんなどに掲載されている場合には、そちらに求人広告を見せていただいた、という旨をお伝えして、そこから応募をすることは可能です。ただ、このような求人は全般に言えることですが、ピアノ講師の場合には、音大卒業生徒でなくても、一般の国立大学や有名私立大学の別の分野の勉強をしていた人でも、ピアノの実力があれば、講師になれるという世界となっています。

当社の音楽教室では様々なクラスを設定しており、レベルや目的などに合わせてきめの細かい指導を行っています。 当社で開講している音楽教室ではピアノをはじめヴァイオリン教室など様々な教室を東京を対象エリアとして活動しています。 音楽教育の歴史の中で、独自に確立したレッスンメソッドにより、充実したレッスンを行える事が他社との違いです。 ピアノ講師の求人ならこちら