ピアノ講師の求人への応募方法や手順

ピアノ講師の求人への応募方法や手順についてですが、こちらについては、採用をするピアノ教室などによっても、とても異なっています。おおよそ、音大または音大に近いレベルの演奏技術を持っている音楽養成学校などを卒業した人の場合などには、すぐに採用されるケースがありますが、音楽養成学校によっては、音大を出ていても、その養成学校を出ていない生徒さんは講師になれない、という条件付きの場合もあります。これは、かなり特殊なケースかもしれませんが、一流のピアニストを育てる養成機関などでは、このような形式で、ピアノ講師を養成し、求人している場合があります。そのため、出身した音大が一流であっても、その養成機関での独自の教え方を理解、また習得出来なければ、その教室ではピアノ講師になれない、というケースもあります。

ピアノ講師の求人への応募方法について

ピアノ講師の求人への応募方法については、たいていが履歴書、というケースが多いですが、現在はネット社会ともなっているため、ネットで履歴書を送る、という方法などもあります。また、ピアノ講師の場合には、出身大学が音大、またはある一定のレベルの音楽養成機関などでピアノ科などを卒業した場合には、そのような証明があれば、そのまますぐにピアノ講師になれることもあります。ただ、これは、採用側により、応募方法もとても多様であるため、まずは、応募要項をしっかりと読み込み、必要な場合には履歴書を作る、またネット履歴書などの場合には写真などをネット用などに用意する、などの準備が必要になってきます。おおよそ、インターネットで検索をピアノ講師と求人としてかけると、求人が出てくることがあります。ただ、そのような場合には、安全なサイトであるかどうかを確認してください。

ピアノ講師の求人への手順について

ピアノ講師の求人を見つけた際には、まずはそれがフリーペーパーなどの雑誌などの場合には、そこにある連絡先に、電話などをしてみるなどの行動を起こすことが必要となってきます。担当してくれる方によって、送付してほしい書類、例えば履歴書などを持ってきて欲しい、という連絡などを教えてくれます。最近では、メールでのやり取りなどもあり、電話での連絡のやり取りだけでなく、より分かりやすくメールで面接会場や、どのような実技試験があるのか、などを教えてくれる手順もあります。また、求人についてですが、例えばあるピアノ教室の系列の出身者の方の場合には、前に教えてくれていた講師の先生がまだいらっしゃる場合には、そのような先生に、同じように講師になりたい旨を伝え、そこから、試験、そして採用となるケースもあります。